VMware製品はこう使うのよ。

好きなことを好きに描く、ん~のびしろですね!

VCSA6.5 - vCenter Server Appliance 6.5 をデプロイして使えるようにする。


スポンサードリンク

こんにちは。

 

vCenter Server Appliance 6.5 がリリースされているので、
使えるようにするまでの流れです。

 

新しくインストールウィザードが刷新されていますし、
OSも異なるLinuxに変わっています。(Photon Linuxというらしい…)

f:id:japan-vmware:20161124205239p:plain

Photon OS™ by VMware®

 

それでは新規インストールの画面です。
VMwareのサイトからISOイメージをダウンロードし、
ISOイメージをESXiと通信可能なPC上でマウントして、インストーラーを実行します。

マウントしたインストーラーがFドライブである場合の例はこちら。
例)"F:\vcsa-ui-installer\win32\installer.exe"

また、インストール方法のreadme.txt がここにあります。
例)"F:\readme-ja.txt"

 

では、「"F:\vcsa-ui-installer\win32\installer.exe"」を実行します。
新規インストールの場合は、「Install」ボタンをクリックします。

f:id:japan-vmware:20161124022841p:plain

 

 「Next」をクリックします。

f:id:japan-vmware:20161124022909p:plain

 「vCenter Server with an Embedded Platform Service Controller」を選択して
「Next」をクリックします。
私が知る限り、あまりPlatform Service Controllerを外部(External)にしている方は少ないように思います。(vSphere6.0のとき)

f:id:japan-vmware:20161124022930p:plain

 

vCSA6.5 をデプロイする先の指定です。今回vCenter Server が既に存在する環境へ
vCSA6.5をデプロイするので、vCenter Server の情報を入力しています。

f:id:japan-vmware:20161124023303p:plain

 

証明証の警告がでますが、気にしません。

f:id:japan-vmware:20161124023319p:plain

 

 デプロイ先を指定します。

f:id:japan-vmware:20161124023356p:plain

 

デプロイ先のESXiを指定します。

f:id:japan-vmware:20161124023458p:plain

 

VCSA6.5 の仮想マシン名と root パスワード入力します。

f:id:japan-vmware:20161124023527p:plain

 

「Tiny」でデプロイしても、2 vCPUs , メモリ10GB使います。
正直かなりキツイです。

f:id:japan-vmware:20161124023554p:plain

 

vCSA6.5の仮想マシンのネットワーク設定です。

f:id:japan-vmware:20161124024129p:plain

 

デプロイ開始です。

f:id:japan-vmware:20161124024204p:plain

 

だらだらと待ちます。

f:id:japan-vmware:20161124030206p:plain

 

Platform Service Controllerのデプロイが完了しました。

f:id:japan-vmware:20161124030446p:plain

 

続いて、VCSA6.5のセットアップの続きです。

f:id:japan-vmware:20161124030608p:plain

 

デフォルトでは、SSH は無効になっています。(画面上では設定変更してます)
また、NTPServer を設定するようにデフォルトではなっていますが、
ESXiホストと同期するように設定変更することができます。
f:id:japan-vmware:20161124030633p:plain

 

SSOの設定です。
vCenter Server 6.0のときと変わらないパラメータです。

f:id:japan-vmware:20161124030743p:plain

 

次へ進みます。

f:id:japan-vmware:20161124030756p:plain

 

ネットワーク設定を完了させるため、「Finish」をクリック。

f:id:japan-vmware:20161124030903p:plain

 

もう戻れませんよ と脅されます。
「OK」をクリック。

f:id:japan-vmware:20161124031008p:plain

 

デプロイ開始します。

だらだらと待ちます。

f:id:japan-vmware:20161124031035p:plain

 

完了しました。

f:id:japan-vmware:20161124091113p:plain

 

[Close]ボタンを押すと、既定のブラウザからアクセスされます。(親切)

f:id:japan-vmware:20161124092100p:plain

 

vSphere Web Client (Flash)をクリックし、
SSOで設定したアカウント 「Administrator@vSphere.local」でログインしました。

f:id:japan-vmware:20161124092426p:plain

 

 

以上になります。

ここからは以前までのvCenter Server の操作と同じです。

ライセンス適用するなり、ESXiホスト追加するなり、順次操作していくことになります。

 

【補足】

作業時間としては1時間弱というところでした。

あまりコケるポイントも無く、すんなりデプロイから設定まで終えることができました。

 

おわり