VMware製品はこう使うのよ。

好きなことを好きに描く、ん~のびしろですね!

vCenter 6.7 (HTML5)を操作して画面を見てみる


スポンサードリンク

こんにちは。

vCSA6.5から6.7へバージョンアップが失敗してvCSAが動かなくなった者です。(ぉぃ

 

さて、vSphere 6.7 がリリースされましたね。

 

私の環境のESXiたちはまだ、カスタムイメージが出ていないので、

そのままですが、新しくvCenter Server Appliance 6.7をデプロイして使用できる状態にしましたので、ただひたすらにスクリーンショットをぺたぺた貼ろうかと思います。

 

https:/// にアクセスします。

以前まではFlashを使用したVSPHERE WEB CLIENT(FLEX)でしたが、

これからのメインはVSPHERE CLIENT(HTML5)が主流のようです。

 ※名前がややこしいですが、HTML5 はVSPHERE CLIENTという名前になっています。

f:id:japan-vmware:20180420000010p:plain

 

今までどおりのログイン画面。

f:id:japan-vmware:20180420002000p:plain

 

ログインするとまず、初回はライセンス管理画面が表示されました。

6.5まではライセンス管理機能が実装されていなかったので、ついに!と感じました。

f:id:japan-vmware:20180420005609p:plain

 

きちんと動いてくれるのか、確認はしていないですが、MyVMwareと連携できそうです。

f:id:japan-vmware:20180420010002p:plain

 

[ホーム]画面。Update Managerのアイコンがなんだか特徴的です。

f:id:japan-vmware:20180420010152p:plain

ホストおよびクラスタの画面は以前と大体同じでした。

f:id:japan-vmware:20180420010819p:plain

 

データセンタークリック時

f:id:japan-vmware:20180420011649p:plain

 

クラスタの設定画面(vSANの項目があるのが興奮しますね!)

f:id:japan-vmware:20180420012000p:plain

 

ホストの設定画面

f:id:japan-vmware:20180420012208p:plain

 

HTML 5 は本当に早い。

今までのもっさりとした動きに慣れていると、本当に爽快です。

 

vSANの操作もできるようになっているので、時間の記事にしようとおもいます。

 

 

ただただ画面を貼っただけの記事でした。