VMware製品はこう使うのよ。

好きなことを好きに描く、ん~のびしろですね!

ESXi6.0/ESXi6.5 - VMware Host Client のセッションタイムアウト値を無くす。


スポンサードリンク

こんにちは。

 

海外で記事にしている人がいたので、忘れないように記事にしようと思いました。

 

VMware Host Client はブラウザベースのアプリケーションであるため、

セッションタイムアウト値が予め設定されています。

デフォルトでは900秒(15分)に設定されています。

 

15分が経過後にセッションタイムアウトされたときの画面がこちら。

 

設定は変更ができるので、メモとして残します。

 

VMware Host Client とはナニ?と思った人は以前の記事を是非見て下さい。

bambi.paddle-point.com

 

 

ブラウザから https://<IP Address>/ui/#/login にアクセスし、rootユーザーでログインします。

f:id:japan-vmware:20170529225905p:plain

 

[管理] - [システム]タブ - [詳細設定] - [UserVars.HostClientSessionTimeout] を探す。

デフォルトでは900秒(15分)に設定されています。

f:id:japan-vmware:20170529231157p:plain

 

デフォルトの900秒(15分)から 0秒 に設定変更します。

0秒にすることでセッションタイムアウトすることはなくなりますが、

設定を反映するには、VMware Host Client を開き直すか、ログオフが必要です。

f:id:japan-vmware:20170529231600p:plain

 

vSphere Client(C#)のときは開きっぱなしでもそのまま使えたので、

セッションのタイムアウトに違和感がある方は設定変更をご検討下さい。

 

ログアウト直前は事前にタブ上にタイムアウトするまでの時間が表示されます。

f:id:japan-vmware:20170529234634p:plain

 

タイムアウトしたときはログイン画面に戻ります。

f:id:japan-vmware:20170529234837p:plain

 

検証機などには設定しておくと便利かもしれません。

 

オワリ